本文へスキップ

血液内科 骨髄異形成症候群 急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 慢性リンパ性白血病 悪性リンパ腫 多発性骨髄腫

 

薬剤室のご紹介

   

薬剤室 私たちのミッション

血液疾患の治療において、抗癌剤は切っても切れないものです。 また、ほとんどの抗癌剤治療は、繰り返しの投与が必要であり、患者さんは長期にわたり副作用の不安を抱えています。
私たちは、そんな患者さんたちの気持ちに寄り添うことを目標としています。
私たちの目標は、緒方方先生の細密なオーダーを正確に実行し、また患者さんの様態に応じて臨機応変のオーダー変更にも即時に正確に対応できるようにすることによって、患者さんの治療に寄与することです。

また、毎日2回のスタッフミーティングで患者さんの状態を共有し、常に情報を整理して、緒方先生の迅速で細やかな治療に対応できるようにしたいと考えています。

薬剤室長
  山元由美
       薬剤師:若林美由紀

抗がん剤の調剤業務

○処方監査〜調剤 抗癌剤にはそれぞれ定められた休薬期間があります。また、患者さん一人一人の状態に応じ、投与量が細かく設定されています。 私たちは休薬期間が守られているかだけでなく、検査値・問診などから得た副作用情報を考慮し、それらの投与量が適正かをチェックしています。 投与歴は患者さんごとに管理表を作成し、保管しています。

○ミキシング 抗癌剤のミキシングは安全キャビネット内で行います。 必ず2名で行い、処方箋に基づき正確に秤取したものを、ダブルチェックしています。 閉鎖式システムも採用しており、抗癌剤暴露に対しても細かい注意を払っています。


調剤業務・服薬指導・医薬品管理業務

○調剤業務
  医師の処方せんに基づき、入院・外来患者さんの内服・外用・注射薬を調剤しています。患者さんに薬の適正使用に必要な情報を提供し、服薬支援を行っています。

○ 医薬品管理業務
  病院内で使用される医薬品の購入、在庫管理及び有効期限などの品質管理を行い、良質な医薬品を安定供給する役割を担っています。

○病棟業務
  入院患者さんへの薬の説明、相談対応、副作用回避のための処方確認などの治療支援業務を行っています。 例えば、抗癌剤治療を行う際には、十分納得して治療に臨んでいただけるように事前に薬剤師が患者さんと面談して治療スケジュールや副作用とその軽減・回避のための対策等の説明を行っています。
 また、全ての入院患者さんの持参薬の確認を実施し、入院中の治療に影響が無いかチェックしています。持参薬の内容や患者さんとの面談から、薬物使用歴、副作用歴、アレルギー歴等を考慮し、医師と協働して有効で安全な治療が行えるよう努めています。
  

東京血液疾患診療所

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup StaffBlog







電話番号
03-3425-2808  
(9時〜16時30分)

住所 〒156-0052
東京都世田谷区経堂5-38-9

小田急線((新宿から急行約12分)
経堂駅・千歳船橋駅下車 徒歩6分

JapanMDSPatientSupportGroup

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup

(社)東京血液疾患研究所

東京血液疾患研究所 骨髄異形成症候群

国際骨髄異形成症候群財団
International MDS Foundation

東京血液疾患研究所 骨髄異形成症候群