本文へスキップ

血液内科 骨髄異形成症候群 急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 急性リンパ性白血病 慢性リンパ性白血病 悪性リンパ腫 多発性骨髄腫

総務部の紹介

受付・医事・会計係 & IT・庶務係

●受付
 患者様の受付をしたり、カルテを作ったり、計算をしたり会計を行ったりします。代表電話もとります。当診療所の場合、あまり理不尽なクレームをもらう事はありませんが、個人情報を扱いますので気は大変使います。 さらに患者さんを呼び出したり、患者さんが持ってこられる様々な書類の処理などを行います。ここの場合は医事だけではなく、先生や看護師との連携もあります。
●診察室業務
 交代で診察室に入り、書類作成や電子カルテの代行入力なども行います。
●薬剤事務
 交代で薬剤室に入り、書類の整理や院内処方箋の処理、薬剤師の補助業務なども行います。
●入院業務
 入院している方の点数計算、請求書の発行などを行います。
●総務
 経理、人事、福利厚生など総務的な仕事もします。
●連携・相談業務
 地域連携係を設けており(担当:河原)、様々な問題を相談(担当:山元)できます。

●電子カルテやパソコンのお世話や検査システムの管理
●カルテの管理や開示、サマリーの依頼など診療情報に関する分析や管理など
・転入職員向け操作研修
・電子カルテレベルアップ
・各種システムの動作監視及び不具合時の一次対応
・システムに格納された医療情報の統計分析
・システム導入・更新の検討への参画

●診療所内の庶務業務も行っています。
・大工仕事
・院内・院外の整備・片付け・清掃

 どれも間違うと大変な事になりますので気は抜けません。診療所の全体を支え、管理する重要なポジションです
 ですから事務であっても全員が血液疾患についての十分な知識を身につけるために、毎週勉強会で学んでいます。
 不安を抱えて来院される患者さんに、少しでもリラックスしていただけるように、心がけています。
 私たちの存在が患者さんの安心に繋がれば幸いです。



事務長

 東京血液疾患診療所の事務長の山元です。
 (社)東京血液疾患研究所の事務長でもあり、NPO法人JapanMDS PatientSupport Groupの代表でもあります。
 血液疾患にかかわりあって10年、緒方先生の教えのおかげで大分詳しくなりました。
 まったくの門外漢で血液疾患の研究員になり、なりゆきでMDSPatientSupportGroupを始めて、何人かの仲間に出会い、遂には東京血液疾患診療所をみんなで立ち上げました。私たちの活動は本当に多くの方々に感謝されていますが、今回の東京血液疾患診療所の開設はさらに多くの患者さんに希望を与えることになると思います。
 医師がどれほどエキスパートでも、検査の技量が未熟では正確な診断ができません。オーダーを実行する看護に血液疾患の知識が不足していては結局最高の医療にはなりません。薬剤が技量不足、知識不足ですと細密なオーダー変更に対応できません。そしてそれらの全てを支え、コントロールするのが事務の役割です。

 今後も全力で支え、そして率先して未来に向かって走りたいと思います。

「Providing hope and a bright future for patient with MDS and other hematological disorder」
私たちのMissionに向かってみんなで進んでいきます。より多くの患者さんたちの希望となれるように。
  

東京血液疾患診療所

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup StaffBlog







電話番号
03-3425-2808  
(8時30分~16時30分)

住所 〒156-0052
東京都世田谷区経堂5-38-9

小田急線((新宿から急行約12分)
   経堂駅 下車 徒歩6分

JapanMDSPatientSupportGroup

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup

(社)東京血液疾患研究所

東京血液疾患研究所 骨髄異形成症候群