本文へスキップ

血液内科 骨髄異形成症候群 急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 急性リンパ性白血病 慢性リンパ性白血病 悪性リンパ腫 多発性骨髄腫

セカンドオピニオン外来ご希望の方

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、主治医(ファースト・オピニオン)以外の医師に求める第2の意見です。この考え方が広がってきた背景には、従来のお任せ医療ではなく、インフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたという社会背景があります。医療は日進月歩で新しい治療法が次々に生まれています。その全てを一人の医師が把握しているわけではありません。また、医師や医療機関によって患者さんに提供すべきだと考える治療は同じとは限りませんし、また、患者さんそれぞれによって、自分の受けたい治療は様々です。そこで、患者さんにとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するために別の医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです。
積極的に利用して、ご自分やご家族の治療に生かして頂きたいと思います。

当診療所で相談可能な疾患

血液疾患全般

セカンドオピニオン受付方法

セカンドオピニオンは完全予約制になります。必ずお電話にてご案内を受けてください。

受付後の流れ
・主治医の先生に【東京血液疾患診療所 緒方先生】のセカンドオピニオンを受けたい旨をご連絡お願い致します。
・その際に診療情報提供書の用意のお願いと可能であれば骨髄標本をお借りしたいとお伝えください。

 上記の準備ができましたら再度セカンドオピニオンの日時の予約 を電話受付にてお願い致します。
TEL 03-3425-2808
(土・日・祝日を除く 9:00~16:30)

料金

・32400円

セカンドオピニオンは全額自費で健康保険は適用されません
セカンドオピニオンの支払いは現金およびクレジットカードでの対応になります。

カウンセリング外来ご希望の方

カウンセリング外来について

できることならば、セカンドオピニオンを求め、ご自身やご家族の治療に積極的に関知して行きたいが、しかし、現実的な問題として主治医との関係が悪くなることを心配してセカンドオピニオンを言いだせない、という方も多いです。セカドオピニオンを正しく理解していない医師や、プライドの高い医師がセカンドオピニオンを取得したいと申し出た患者さんに対して転院や転医を薦める場合がありますので、そこは医師を見極める必要があります。

また、主治医と相性が合わない、病院の設備がもっと整ったところへ移りたい、という希望がある場合も多いと思いますが、面識のない医師のところに直接転院・転医する決心まではつかない場合もあるでしょう。

そのような場合に利用して頂きたいのが、カウンセリング外来です。これはセカンドオピニオンのように主治医に診療情報提供書を書いてもらう必要がありません。今までのご自分が持っているデータを持ってきていただいて、主治医にわからないように治療の内容について専門の医師に解説してもらうことができます。

当診療所で相談可能な疾患

血液疾患全般

カウンセリング外来受付方法

カウンセリング外来は完全予約制になります。必ずお電話にてご案内を受けてください。

受付後の流れ
・今までのすべての血液検査や骨髄検査その他検査の資料を事前に郵送にてお送り下さい。

 上記の準備ができましたら再度カウンセリングの日時の予約 を電話受付にてお願い致します。
TEL 03-3425-2808
(土・日・祝日を除く 9:00~16:30)

料金

・32400円

カウンセリングは全額自費で健康保険は適用されません
カウンセリングの支払いは現金・クレジットカードの対応になります。
  

東京血液疾患診療所

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup StaffBlog







電話番号
03-3425-2808  
(8時30分~16時30分)

住所 〒156-0052
東京都世田谷区経堂5-38-9

小田急線((新宿から急行約12分)
   経堂駅 下車 徒歩6分

JapanMDSPatientSupportGroup

骨髄異形成症候群 PatientSupportGroup

(社)東京血液疾患研究所

東京血液疾患研究所 骨髄異形成症候群